コンクリート工事やその他の塗装を要チェック|多様な施工が可能

一軒家

塗装による違いについて

実施者

一般の道路で見かけることが多いのはアスファルト塗装となっています。道路工事に関してはある程度予算が定められており、業者はその予算内で道路工事や整備、メンテナンスを行う必要があります。そんな中、コンクリート工事は頑丈な道路を作ることが可能ですが塗装に時間がかかりますしメンテナンスが大変だという理由から、一般道路などで用いられることはほとんどないようです。高速道路など一般道路よりも工事に時間がかかるものに関しては用いられることが多いですが、コストパフォーマンスがよく、メンテナンスも簡単で比較的取り壊しやすいアスファルト塗装は一般道路などに用いられています。そんなアスファルト塗装とコンクリート工事は、以前はアスファルトとコンクリート工事の塗装はそれぞれ2000円ほどの価格差がありました。それが現在ではストレートアスファルトの高騰などによって700円ほどに価格差が縮んでおり、今後はアスファルト塗装による経費削減やコストパフォーマンスなどの傾向もみられるようになると予測されています。とは言え、一般道路のように比較的利用されることが多くメンテナンスが多く実施されるようなところの場合はやはり扱いやすいアスファルト塗装が一般的となっており、駐車場などにも用いられる塗装として一般認識されています。
価格設定としてはどちらの場合でも面積による計算ではなく作業内容によって計算されているため、実際のところアスファルトでもコンクリートでも現在の価格差はほとんどないため、そこまで価格の違いは見られないようです。そのことから一般道路や駐車場でもコンクリートの仕様が増えてきており、今後もコンクリート工事は徐々に増えていく傾向が予想されています。